近年、架空請求詐欺は多様化しており、巧妙な手口も増えています。高齢者だけでなく若い方でも巻き込まれるケースは珍しくありません。架空請求詐欺の一つに使われているのが、大手通販サイトのamazonギフト券です。ここでは、amazonギフト券を使った架空請求の内容、詐欺に遭ってしまった場合の対策、詐欺に遭わないための予防法をご紹介します。

 

amazonギフト券を使った架空請求について

近年、架空請求詐欺は巧妙化しています。そのうちの一つが、amazonギフト券を使った架空請求です。amazonギフト券は大手通販サイトamazonでのみ使えるもので、現金を使わずamazon内の商品が購入できます。このためプレゼントや懸賞金代わりに人気で、広く使われているサービスです。しかしオンラインショップという特性もあり、高齢者やインターネットに触れない方にとっては分かりにくいシステムとなっています。この脆弱性を狙った架空請求が横行しています。また、インターネットを頻繁に利用する方でも、有料サイト利用の架空請求高額当選支払いのための手数料請求といった形で、被害に遭う方が居ます。

 

現金ではなくamazonギフト券での詐欺は、受け子や出し子を使う必要がないという、詐欺グループ側にとってのメリットがあります。受け子とは詐欺で騙し取った現金を代理で受け取る人間で、出し子は口座に振り込まれた現金を引き出す人間です。受け子や出し子は何も知らない方が巻き込まれるケースもありますが、これを生業にしている人間もおり、詐欺グループは費用を支払いこれらの人間を雇います。しかし、amazonギフト券は電子マネーの一種で、現金を受け取ったり銀行から引き出したりする必要がないので、詐欺グループ側が負う負担が少なくなります。

 

また、ギフト券はそのものを使用するのではなく、ギフト券に記載されているギフト券番号を読み取ることで、電子マネーとして初めて使用できます。このため、詐欺グループ側はamazonギフト券のギフトコードを知ることさえできればいいのです。
番号を知る方法は多種多様で、写真を撮ってメールで送付、口頭で番号を教える、FAXで送付といった方法があります。多種多様な方法がある分、詐欺を取り締まる側もその都度柔軟に対応する必要があります。

 

amazonギフト券で架空請求をされたときの対策

amazonギフト券を使った詐欺に遭ってしまった場合、被害額を取り戻すのは困難とされています。amazonギフト券は個人のアカウントでチャージすることで使用できますが、一度チャージされてしまうとamazon側に問い合わせをしても対応できません。もしギフト番号を伝えた直後であれば、ギフト券のロック手続きをすれば一時的に利用不可にすることが可能なので、まずはこの手続きをしましょう。

 

手続きはAmazonのヘルプ・サポートで行えます。

 

詐欺被害に遭ってしまった場合、警察や消費者ホットラインに相談することで、正しい対応を教えてくれます。まずは落ち着いて、最寄りの警察や消費者ホットラインに相談しましょう。被害額によっては警察が動き、詐欺グループの逮捕に繋がる可能性もあります。詐欺グループが接触してきたときに使用した番号やメールアドレスなどは、消さずに残しておきましょう。

 

amazonギフト券で架空請求をされないための対策

amazonギフト券を使った詐欺被害に遭わないためには、コンタクトを取ってきた相手の言動を注意深く探りましょう。身内を名乗ってきたときは普段の言動と一緒か、不自然な点がないか確認しましょう。架空サービス利用料の場合、SMSやメールでコンタクトを図ってきます。このとき、見覚えのないアドレスの場合は詐欺の可能性が高いです。また、少しでも不審に思ったら連絡には応じないようにしましょう。

 

amazonギフト券は相手に番号を教えなければ詐欺を防ぐことができます。もし購入してしまった場合、相手に番号を教える前に誰かに相談するのも有効的な対策手段です。警察、消費者ホットライン、家族や友人など、周りに助けを求めましょう。冷静な判断を失わないことが大切です。騙される状態というのは焦っているときです。まずは深呼吸をして、相手の言動に不審な点がないか今一度確認しましょう。

 

架空請求対策は周りに相談するのが一番

もし架空請求の被害に遭ってしまった場合、周りに相談するのが一番です。騙される状態というのは冷静さを失っているときです。第三者の意見を聞き、冷静さを取り戻すことで詐欺を未然に防ぐことができます。警察や消費者ホットラインといった専門機関だけでなく、家族や友人、知人に相談するのも有効的です。まずは冷静さを取り戻すよう心がけましょう。

 

架空請求でAmazonギフト券を騙し取られる被害とその手口

トップへ戻る